下北沢「茄子おやじ」元店主が小川町に開く「小川ぐらしの茄子おやじ」に行ってきた

Advertisement

下北沢のカレー屋さんで老舗と言えば「茄子おやじ」。
先日、「茄子おやじ」元店主が小川町に開いている「小川ぐらしの茄子おやじ」に行ってきましたのでレポートします。
2016年12月茄子おやじ引退後、埼玉県比企郡小川町へ移住。 2019年3月に「小川ぐらしの茄子おやじ」をオープンされたとのこと。

小川町というと、東京神田の小川町を思い浮かべる人も多いと思いますが、「小川ぐらしの茄子おやじ」は埼玉県比企郡の小川町です。

池袋から東武東上線に乗ること約一時間。
東武東上線の終着駅なので池袋からは乗り換えはないので便利と言えば便利なのですが、結構遠いです。

「小川ぐらしの茄子おやじ」さんは、駅から歩く事5~6分程のところにあります。

店内はテーブルが2つくらいにカウンターが5席ほど。

ビーフカレー大盛を注文。

店内はスピーカーから、60年代~70年代の日本のフォークソングが結構な音量で流れていました。
ノスタルジーな雰囲気が漂っていました。

カレーの味ですが、下北沢の「茄子おやじ」を食べたことがないので比較はできないですが、丁寧に作られたルーと、肉・野菜・そしてラッキョウがうまくマッチして非常においしかったです。下北沢の「茄子おやじ」もこの味と似ているのであれば定期的に通いたいと思いました。下北沢の「茄子おやじ」にも今度行ってみようと思います。

小川ぐらしの茄子おやじさんのインスタグラム


世田谷区の人気ブログランキングはこちらです
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ

Advertisement
Ad
Ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement