下北沢駅周辺の再開発の概要

Advertisement

今日から、こちらのブログに引っ越して下北沢関係の記事を書いていきたいと思います。

初回の記事は、「下北沢駅周辺の再開発の概要」について。

既に、メディア等で色々取り上げられているので、ご存知のかたも多いと思いますが、2013/11/21に小田急電鉄と東京都世田谷区が小田急小田原線の下北沢駅周辺に計画する再開発の概要を発表しました。

一時期、小田急と世田谷区の話し合いが決裂という事態にも陥りましたが、なんとか収拾がついたようです。

下北沢・東北沢・世田谷代田、それぞれテーマが異なる3つのゾーンとして再開発が進められるとのこと。

今回は下北沢について書きます。

下北沢周辺は「シモキタショッピングゾーン」という、近隣の商店街と調和する2~3階建ての商業施設が建設されるそうです。

shimokita_sta_02

駅ビル(コルティ下北沢?)については、以前から上記のようなイメージ図が公開されていたので、新鮮味は無いのですが、今回新たに判明したこととしては、補助54号線沿いの施設のイメージ図が公開されました。

補助54号線から駅のロータリーに入るところに「商業・業務系施設」そして、茶沢通りと補助54号線の交差するあたりに「住居・商業・業務系施設」ができるみたいです。

そして、以前から、できるかできないかがはっきりとしなかった、下北沢駅の小田原方面改札口ですが、今回のニュースリリースによると、小田原方面にも改札口ができるという計画になっていました。

詳しくは以下の小田急のニュースリリースを参照ください。

小田急小田原線(代々木上原駅~梅ヶ丘駅間) 上部利用の施設配置


「下北沢に住みます」はブログランキングに参加しています。人気の下北沢ブログはこちらから。↓↓↓


Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement