世田谷区代沢3-2の空き地に今後何ができるのか調べてみた

Advertisement

世田谷区代沢3-2にはかつて団地が建っていましたが、今年(2020年)の冬ごろ取り壊され今は空き地となっています。

大きさは50メートル×30メートルくらいでしょうか。

奥に見えるのは「パークハウス代沢プレイス」

「パークハウス代沢プレイス」側から7/4撮影。雑草が伸びてきてます。

今まで何の団地だったのか調べてみると「日本郵政宿舎」でした。

この広大な空き地に今後何ができるのか、気になったので調べてみました。
日本共産党世田谷区議団活動報告「みらくる」2019年11・12月号に載っていましたので紹介しておきます。

中里光夫氏
■北沢地域の保育待機児解消を

北沢地域の待機児解消を求めました。北沢地域は地価が高く、大規模な土地も少ないため、土地の確保が困難な地域です。代沢せせらぎ公園隣の郵政宿舎跡地に保育園整備を求めました。区は公園として整備したうえで、保育園整備を検討すると答弁しました。 また、区は補助金や園庭設置の条件を一部緩和する「特別推進策」を示しました。私は、子どもの外遊びを保障し、保育の質を守ることを求めました。区は、条件緩和を限定的にすることと、この推進策で、今後3年間で約 2000 人分、その半分を北沢地域での確保を見込むと答弁しました。

現時点では「公園として整備したうえで、保育園整備を検討」ということです。検討ということなのでまだ確定ではないと思いますが、マンションが建ったりということは現時点ではなさそうですね。
また動きがあれば当ブログでお伝えしたいと思います。


世田谷区の人気ブログランキングはこちらです
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ

Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement