「首都圏版街の住みここちランキング2020」で世田谷代田が3位

Advertisement

衝撃的なニュースが飛び込んできました。

街の住みここちランキング首都圏版2020において、世田谷代田が何と3位という快挙です。

大東建託が2020年6月18日に発表した「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2020」「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2020」の首都圏版において、「街の住みここち(駅)」ランキング3位はまさかまさかの「世田谷代田」でした。

気になる調査の方法ですが、首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の251自治体・1,553駅:隣接・近接駅を統合して1,409駅・グループ・エリアに集約)居住の20歳以上の男女、2019年度・2020年度累計12万3,106名の回答を「住みここち」として集計し、2020年度回答者6万5,311名の回答を「住みたい街」として集計。また、「住みここち(駅)ランキング」は、駅徒歩15分以内に居住している回答者が30名以上の駅を対象として集計したそうです

調査では「公立保育園や認証保育園、児童館等の施設の充実度」「小中学校や塾の教育の充実度」など60項目の設問について「大変満足:2」「満足:1」「どちらでもない:0」「不満:-1」「大変不満:-2」の選択肢から居住地域の満足度を算出し、さまざまな視点のランキングを集計。なお、2つの近接駅を統合した場合は駅名の後に「G(group)」を、3つ以上の近接駅を統合した場合は「A(area)」を付記とのこと。

世田谷代田駅は第1回(2019年度)調査は回答者数が30に満たなかったため集計対象でなかったのですが、2020年においていきなり上位3位に入りました。

下記は記載されていたコメントです。

下北沢の隣駅で、新宿・渋谷へのアクセスも非常に良いエリアです。古くからの閑静な住宅街ですが、環七を超えた西側にはプレーパークもある羽根木公園があります。小田急線の地下化による工事で長らく仮駅舎でしたが、2019年4月には新たな複合施設「世田谷代田キャンパス」がオープンしました。

ちなみに、「街の住みたい街(駅)」ランキングは、1位「吉祥寺」、2位「横浜」、3位「恵比寿」、4位「みなとみらい」、5位「鎌倉」、6位「自由が丘」、7位「中目黒」、8位「新宿A」、9位「大宮」、10位「池袋」。

◆「街の住みここち(駅)」ランキングTOP10
1位「半蔵門・麹町G」
2位「築地・新富町A」
3位「世田谷代田」
4位「広尾」
5位「東大前」
6位「本郷三丁目」
7位「後楽園G」
8位「元町・中華街」
9位「代々木上原」
10位「表参道」

◆「街の住みたい街(駅)」ランキング
1位「吉祥寺」
2位「横浜」
3位「恵比寿」
4位「みなとみらい」
5位「鎌倉」
6位「自由が丘」
7位「中目黒」
8位「新宿A」
9位「大宮」
10位「池袋」

回答者数が数万人レベルなので、ある程度の信頼性のおけるランキングなのではないでしょうか。
毎年行われているようなので、2021年のランキングもウォッチしていきたいと思います。

住みここち「駅」ランキング首都圏版・2020


世田谷区の人気ブログランキングはこちらです
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ

Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement