景気を反映する?マンションの売れ行きを「ウエリス下北沢」で考察してみた

Advertisement

【2019/5/16 追記】
現時点で残り4戸。
56.12 m2 で5,940万円
85.96 m2 で9,690万円
とありますが、さすがに値付けが高い気がします。

===============
昨年はマンション価格が上昇したということでニュースにもなりましたが、一方で既にマンションの売れ行きは頭打ちという報道もありました。
確かに、マンションの価格は上がっても給料は増えないので、一体誰が買えるのだろう、という所まで値段が上昇している感じがします。

個人的には昨年で頭打ち、今年はマンションの値段が下がるだろうという気がしています。
これ以上価格を上げるのは不動産会社の勝手ですが、買える人がいないとなると、値下げせざるを得ないというのが世の常というもの。

下北沢でも昨年売りに出された「ウエリス下北沢」が売れ残っていて、残物件を売るのに大変な状況です。
31戸中8戸が売れていないようです。

下記は昨年新聞チラシに入っていたもの。

2割以上売れ残っているということですから、デベロッパーとしては何とか売り切らなくてはいけません。
ただ、駅から遠いという所と、値段が高いという所がネックとなり、売り切るのは難しいのではないでしょうか。

売り切るためには思い切った値下げをせざるを得ないのではないでしょうか。
このまま今年3月まで売れ残りが続くと、来年度200万から300万、値下げがされるのではないか、という予測をしてみます。

ウエリス下北沢のウェブサイト


世田谷区の人気ブログランキングはこちらです
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ

Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement