2022年3月時点の「都市計画道路補助26号線」(三宿二丁目~池尻四丁目)

Advertisement

定期的にお伝えしている「都市計画道路補助26号線」(三宿二丁目~池尻四丁目)。
2022年3月中旬現在の様子をお伝えします。

この道路、品川区の八潮橋交差点と板橋区の仲宿交差点に至る、約22㎞の道路の一部になる予定で、この区間が完成すると、淡島通りと国道246号線が直接繋がるようになります。
今は淡島通りから国道246号に抜けようとすると、淡島交差点から割と狭い道を一部抜ける必要がありますが、この道路ができれば国道246号にダイレクトに行けるようになります。

さて、前回1月時点では大きなコンクリ擁壁を作っている最中でしたが、3月中旬時点ではどうなっていたのか、見てみましょう。

↓コンクリ擁壁は完成していました。

ここからアスファルトを舗装したり、まだまだ完成に向けて掛かりそうです。

一体、この構造物が最終的にどのような道路になるのかは、東京都建設局のウェブサイトに載っていました。

↓コンクリの擁壁の中に1車線、その脇に副道ができるのだとか。

↓擁壁の側面に穴が開いていますが、そこには横断通路ができるようです。

↓コチラは三宿方面。進展なし。

↓北沢川緑道。道路が完成すると信号ができるので、ランニングに支障がでてきますね・・・

確か8月に完成ということで延伸されたはず。
現地で作業している人はあまり見かけませんので、これで完成が8月から更に延伸となったらホント税金の無駄遣いですよね。
無駄に時間を掛けて引き延ばしているとしか思えないです。
もともと2020年度末完成予定としていたので、2年半くらい遅れる形。

【発注者】東京都第二建設事務所には、なぜ遅れているのかの説明が欲しいところです。

【施工者】北野建設株式会社

補助26号線 工事説明会 資料


世田谷区の人気ブログランキングはこちらです
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ

Advertisement
Ad
Ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement