世田谷代田の環状7号線横断橋整備工事

Advertisement

以前の記事で書いた世田谷代田駅の駅前広場整備計画

今回はそれに関連した話題を。世田谷代田駅の駅前広場は18年度に整備完了とのことなのでまだ4年以上かかりますが、駅前広場の整備と並行して環七に掛かる歩道橋が新たに整備されます。

世田谷代田駅から梅ヶ丘方面へと続く、環七の歩道橋が非常に狭く、対向ですれ違うのも結構大変なほど狭いです。当然自転車が通れる余裕は殆どありません。

そこで、新たに歩道橋が掛けられるとのこと。現在、橋台の設置工事を行っており、平成 26 年度には橋桁を架設する予定とのことです(平成26 年度完成予定) 。26年度ということは1年以内ですね。

kan-nana_pedestrian_bridge_973

kan-nana_pedestrian_bridge_974

今は世田谷代田駅から梅ヶ丘駅方面への通り(赤堤通り)を歩行者が歩くのは結構危ないですが、歩道橋をきっかけに歩行者専用通路ができると嬉しいですね。

関連サイト(世田谷区・小田急電鉄株式会社共同記者会見(平成25年11月21日))


「下北沢に住みます」はブログランキングに参加しています。世田谷区ブログランキングはこちらから見ることができます。↓↓↓


Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement