明大前から梅ヶ丘へと続く、都市計画道路補助 第154号線

Advertisement

下北沢から少し離れますが、京王線の笹塚~仙川間が高架化されることになりそうです。

日経新聞によると、2022年度をメドとは書いていますが、果たしてあと10年で完成できるかは大いに疑問です。

それと平行して、明大前駅と千歳烏山駅前に大規模なロータリーができるとのこと。

今日の記事は明大前駅周辺の都市計画について書きます。

ご存知、明大前駅は駅前に大きな道路が無く、バスも入れない状態です。

ただし、甲州街道から駅の改札直前までは割と広い道が通っています。

そして、ちょっと場所を移して、明大前の南にある小田急線梅ヶ丘駅。

梅ヶ丘駅の西側を南北に通る道があります。北沢署や北沢税務署の前を通っている道。これも結構広い道がありますが、北沢税務署を少し北に行った所で突如道がなくなります。

実はこの明大前の道と、梅ヶ丘の道が将来繋がる予定なのをご存知でしょうか。

route_154

補助線街路第154号線という計画です。

明大前から梅ヶ丘に至る道はどこも狭く、一方通行の道が多いのですが、前述の明大前からの道を広げて、梅ヶ丘まで2車線の道を作る計画です。

最終的には等々力方面まで延びる約7キロメートルの道となっていて、既に明大前⇔梅ヶ丘間を除いた9割は完成しているとのこと。

京王線の高架化と合わせる形でこの道も完成させる計画のようです。

確かにあの辺りは道が狭く、自転車で走っていても自動車と接触するほど狭い道なので、広い道を作って欲しいと思っていました。

当然今は家が建っているので、用地買収など進めていくとすると10年では完成は難しい気がしますが、どれくらい実現性があるのでしょうか。気長に待ちたいと思います。

みちづくりニュース 第1号

【2015/3/23追記】
梅ヶ丘から南に伸びている道路がつい先日、世田谷通りと繋がりましたね。バスも試験的に運行されるようですし、区民の新たな生活道路としての役割が期待されています。梅ヶ丘から北側の道路は、この先完成まで相当時間が掛かりそうですね。


「下北沢に住みます」はブログランキングに参加しています。人気の下北沢ブログはこちらから。↓↓↓


Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement

コメント

  1. BLANY より:

    梅ヶ丘駅西側の田急線高架下ですよね。
    南下していくと、国士舘大学の前は、現在も通れなくなっています。
    立ち退きが昨年まで掛かったので、長い間工事してました。
    東急世田谷線・世田谷駅前も現在拡張中。
    ワタクシのブログでも違う場所ですが、終わっている道についてちょっと取り上げたりしてました。
    淡島通りのブツ切り加減は、この先ずっと直らない気がしてます。
    計画通り進まないので、何倍もの予算がつぎ込まれたり・・・
    車優先の道路は、そんなに必要かなと考えされられます。

  2. BLANY さん、コメントありがとうございます。
    世田谷駅前も拡張中なのですね。
    さっきグーグルマップで見ると確かに途中でまだ道が狭い所があり、等々力まで繋がっているとは言えなさそうです。
    淡島通りも環七の先で終わっていますね。
    確かに道路を拡張する意味はあまり無いように思います。近くのスーパーにクルマで買い物に来たりとかする方がいますが、そんなにまでしてクルマを使う意味が私は分かりません。地方なら分かりますけどね。。。
    > 梅ヶ丘駅西側の田急線高架下ですよね。
    > 南下していくと、国士舘大学の前は、現在も通れなくなっています。
    > 立ち退きが昨年まで掛かったので、長い間工事してました。
    > 東急世田谷線・世田谷駅前も現在拡張中。
    >
    > ワタクシのブログでも違う場所ですが、終わっている道についてちょっと取り上げたりしてました。
    >
    > 淡島通りのブツ切り加減は、この先ずっと直らない気がしてます。
    > 計画通り進まないので、何倍もの予算がつぎ込まれたり・・・
    > 車優先の道路は、そんなに必要かなと考えされられます。