下北沢駅ビルの完成形はどうなるのだろうか

Advertisement

現在着々と工事が進行している小田急線・下北沢駅。

地下1階の緩行線ホームも線路が敷かれ、徐々に形になりつつあります。
駅のトイレも10月に完成、小田原側の南西口も10月に完成、ということでこれからどんどんと新駅舎がお披露目されることになりますが、完成形としてどうなるのでしょうかね、というのが本日の記事。

一番注目される東口改札部分は、現在こんな感じ。

完成形はこのような形に。

イメージとしては経堂コルティのようなガラス張りになる感じを想像しています。

駅の中というと、現在はこんな感じ。

2階部分も工事中ですが、どのような店舗が入るかはまだ不明。
そもそもそれ程大きくはないビルなので、そんなに多くのお店は入らないのではないかと想定しています。

経堂コルティや成城コルティのような商業施設は期待できないと思われます。
そのため、下北沢コルティという名前が付くかどうかも微妙なところ。

下記の緑色部分が商業施設が入る場所と思われます。

もう少し具体化するまで時間が掛かりそうなので待ちたいと思います。


世田谷区の人気ブログはこちらから見ることができます。↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement