羽田新ルートで下北沢も飛行機騒音被害の可能性

Advertisement

昨日の日経新聞を見ていたらちょっと気になる記事がありました。

『羽田新ルート 住民不安 都心を低空飛行、騒音や落下物対策は?』という記事。

「羽田空港の国際線増便に向けた新飛行ルートが追加される見通しとなり、航空機が人口密集地の上を低空で飛ぶことになる。国は2020年東京五輪前の実現を目指し、ルート周辺の住民への説明や安全対策に腐心するが、騒音や落下物への懸念は尽きない。」
とのこと。

で、実際どこを飛ぶようになるのかというと、画像を見たほうが早いのでご紹介。
毎日新聞さんの記事からお借りしました。

新ルートは練馬、中野、新宿、渋谷、港、目黒、品川、大田区の上を通るとのことで、下北沢のある世田谷区はルートに入っていませんが、渋谷区から近いので、ルートから外れたからといって騒音が全く無いことは無いはず。

渋谷区のどのあたりを通るのか調べた所、2ルートのうち、1つはちょうど代々木八幡駅、代々木公園駅の上を通って渋谷駅の上を通り、もう1つは新宿駅の上を通って表参道のあたりの上を通るらしいです。

渋谷区のあたりで70デシベルっていうことですから、下北沢ではどれくらいになるのでしょうかね。50~60デシベルと仮に仮定すると、
60デシベル 電気ひげ剃り、静かな車内、普通の会話
50デシベル 静かな事務所、扇風機
とのことです。

まあ、気になるっちゃ気になる程度でしょうか。

南風の時のルートのようなので、特に夏場はこのルートになるようです。
飛行時間は15 時から 19 時の間で、1時間に約 45 本くらい飛ぶ計画だそうで。。
1分半に1回の騒音が4時間続くとのこと。

飛行ルートの真下に家がある人は結構辛そうですね。
ルートは住民の同意は不要で決められるようなのですが、もしもこのルートが決まったら各所から大反対が起きそうですね。

世田谷区よりも高級住宅街のある渋谷区(松濤、上原etc)、目黒区、品川区の住民にとってはこの羽田ルートは真上を通ることになりますから、閑静な住宅街のイメージが崩れてしまいますね。。


世田谷区の人気ブログはこちらから見ることができます。↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement