下北沢が外国人で溢れている理由を探ってみた(その1)

Advertisement

最近下北沢の商店街を歩いていると必ずといっていいほど外国人の方とすれ違います。
下北沢をぐるっと歩くだけで10名前後の欧米系の外国人の方をお見かけします。
アジア系は見分けが付かないのですが、欧米系外国人以上に下北沢に来ている気がします。
私が下北沢に引っ越してきた数年前はこんなことなかったように思います。

最近は日本ブームということで、外国人がたくさん日本に旅行にいらっしゃるのは新聞等で見ていますが、ここまで増えるかな?とちょっと疑問に思っていました。

で、その理由を探るべく夜な夜な色々と調査してみたのですが、その原因らしきものがようやく分かったのでここでご紹介します。

調査して行きついたのが、旅行アプリで有名な「TripAdvisor」
私も外国に旅行する時はよく参考にするサイトです。
iPhone アプリでもありますね。
私は海外に行くときは使っていたのですが、今まで日本のTripadvisorは見たことが無かったです。
灯台下暗しです。
見てみるととても興味深い事が判明。

それは、下北沢はとてつもなく魅力にあふれた街として扱われているのです。

「Things to Do」という、ここに行くべし、みたいなランキングがあるのですが、
なんと、世田谷区ランキングで下北沢は 128件中1位!!
これは凄くないですか。世田谷区で1位ですよ。
世田谷区といっても色々な街や観光名所があると思うのですが、その中のトップ。

TripAdvisor(Shimokitazawa)

ちなみに
2位:砧公園
3位:豪徳寺
4位:等々力渓谷
5位:二子玉川RISE

でした。2位~4位は街というよりも名所的な位置づけなので、街として見れば5位の二子玉川を抜いてダントツのトップ。
ただ、二子玉川もRISEですので、街ということではないかもしれません。

ちなみに、視点を変えて、東京全体で見るとどうでしょうか。

明日に続きます。


世田谷区の人気ブログはこちらから見ることができます。↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement