2018年3月の小田急線ダイヤ改正における、下北沢住民にとってのメリットは

Advertisement

正月の新聞広告として、「ODAKYU VOICE」なる小田急電鉄の広報誌が入っていました。

小田急の今後の取り組みなどが書かれていたのですが、下北沢住民にとって、いくつかの変化が2018年3月に訪れます。

そう、それはダイヤ改正。

現在粛々と工事が続けられている代々木上原⇔梅ヶ丘間の複々線化が遂に完成し、2018年3月のダイヤ改正において複々線化をベースにしたダイヤになります。

そこでのダイヤ改正の概要が書かれていました。

下北沢住民にとっての変化は下記2つ。
・ラッシュ時間帯の1時間あたりの運行本数が27本から36本へ。(これにより混雑率が現在のマックス191%が160%程度に下がるとのこと)
・千代田線直通列車の増発(現在の5本から12本へ)

特に2点目については、千代田線利用者にとっては代々木上原で乗り換える手間が省けるので良いのではないでしょうか。
かくいう私も千代田線を使っているので便利になりそうです。

反面、代々木上原始発が減ると思われるので1~2本待てば座れる、というメリットが無くなりそうですね。。

下北沢住民に関係ない話としては朝のロマンスカーが増発されるようです。
ちなみに、ロマンスカーって外国人が聞いたらギョッとするんじゃないでしょうかね。

Romanceを英辞郎で調べると、トップ3に出てくる意味が、
【名】
1. ロマンス、〔短く激しい〕恋愛
2.〔激しいまたは理想的な相手との〕情事、性愛
3.〔強いが長続きしない〕愛着、興味

日本語訳、「恋愛車」?

実際どういうニュアンスで伝わっているのか分かりませんが。。。


世田谷区の人気ブログはこちらから見ることができます。↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement