小田急線地下化後の跡地で対立・・・

Advertisement

今日、日経新聞を読んでいたら、小田急線地下化について書いてありました。

何でも、地下化後の上部跡地の利用について、世田谷区と都・小田急電鉄が対立しているとのこと。
昨年に合意していた内容を、世田谷区がちゃぶ台をひっくり返したようで、都・小田急電鉄は怒り心頭だとか。。。

このブログでも、小田急線の上部跡地利用について書いたこともありましたが、まさかあのグリーンラインなどの案は世田谷区が独自に進めていたとは知りませんでした。

こういう事業って、ステークホルダーと協議して進めないとうまくいかないのは誰でも分かると思うのですが、区長が合意していた計画を見直し指示したみたいですね。

元々都と小田急は商業施設や戸建て住宅を建てようとしていたらしいのですが、世田谷区は防災広場や緑地を設置するなどの案をここに来て発表。しかも、根回し無し。

今までの動きは一体なんだったのでしょう。

段取り力の無さに愕然としてしまいました。

引き続き注視していきたいと思います。


「下北沢に住みます」はブログランキングに参加しています。世田谷区ブログランキングはこちらから見ることができます。↓↓↓


Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement

コメント

  1. 大きなプロジェクトだけに、今度も紆余曲折ありそうですよね…。
    それは理解できるんですけど、一向に進まなかったり、進んでもすぐにまた戻ったりと、住民の意識や気持ちは、置き去りにされているように思ってしまいます…。
    なんだかなあ…って、色々と考えてしまいますよね。。。