小田急線上部利用計画の最新版(2015年1月)

Advertisement

以前から当ブログでも何度か取り上げている、小田急線の上部利用計画。

先日「小田急線上部利用通信のNo.10」が発行され、その中に上部利用計画の最新計画が掲載されていました。今まで具体化されていなかった情報が具体化された形で載っていて、これはお伝えせねばと思いましたので紹介します。

★大きなトピック★
世田谷代田駅⇔下北沢駅間に整備される予定の「立体緑地」の具体的イメージが提示されました。

今までも立体緑地というキーワードが出てきてはいましたが、今回、立体緑地のイメージとしてデッキ構造物を設置し、鎌倉通り等を歩行者が安全に横断する事ができる橋のようなイメージが提示されました。

具体的なイメージは↓コチラ。真ん中のイメージが分かりやすいでしょうか。
rittai_ryokuti_01

断面イメージはコチラ↓。
rittai_ryokuti_02

立体緑地の高さは最大で約6メートル。6メートルといえば大体3階くらいの高さでしょうか。想像以上に高い建造物となりそうです。

グリーンライン下北沢で取り上げられていた、ニューヨークのハイラインのコンセプトが採用された感じですかね。

ハイラインは高さ約10メートルのようですが、それよりは低いですね。また幅もニューヨークのハイライン程広くはないようです。

できれば歩行エリアだけでなく、所々にカフェや飲食店を設置して頂いて、通行する人が楽しめるスポットにして欲しいです。今回下北沢⇔世田谷代田間に立体緑地が計画されていることから、世田谷代田駅周辺の活性化にも繋がるかと思います。

現時点では工期はH29年度~H31年度で計画されているようです。

今後も上部利用計画については逐次ウォッチしていきたいと思います。

上部利用のオープンハウスが北沢タウンホール12階のスカイサロンでH27/2/7~9に開催されるようです。立体緑地の模型屋、パネル展示などがあるようですので是非興味のある方は見てみてはいかがでしょうか。

上部利用通信No.10は下記から参照可能です。(PDF形式です)

小田急線上部利用通信 No.10


「下北沢に住みます」はブログランキングに参加しています。世田谷区ブログランキングはこちらから見ることができます。↓↓↓


Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement