「北沢デザイン会議」を開催(2014/8/26)

Advertisement

下北沢駅周辺の小田急線の地下化で生じた約2キロの鉄道跡地の街作りについて住民の意見を計画に反映させるため「北沢デザイン会議」が開催されます。

kitazawa_design_meeting

区は2019年度までに、地下化で生じた敷地に、同駅など周辺3駅を結ぶ通路や緑地などを整備する方針で、沿線の一体的な街作りを進めるため、地域住民などから幅広く意見を募る考えです。

 同線では昨年3月、代々木上原―梅ヶ丘間の地下化工事が完了。約2万7500平方メートルの鉄道跡地には、小田急電鉄も商業施設などの建設を予定しているのは既報の通り。

 初会合は、8月26日夜に北沢タウンホールで開かれます。区ではまず、住民と一緒に街づくりを考えるきっかけにしようと、自治会や商店会の代表者、子育て支援のNPOの代表らが発表するようです。

発表者は以下の予定。
  市川 芙美子 氏 (東北沢自治会 会長)
  柏 雅康 氏 (しもきた商店街振興組合 理事長)
  斎田 佳子 氏 (世田谷代田 SAP 代表)
  高橋 ユリカ 氏 (NPO グリーンライン下北沢 代表)
  西山 友則 氏 (I LOVE 下北沢 カンパニー本部 下北沢事業部長)  
  松田 妙子 氏 (NPO せたがや子育てネット 代表理事)

そしてコメンテーターは保坂区長。

 9月以降、通路や緑地、下北沢駅前広場などの施設ごとにデザインや機能について住民らが話し合うワークショップも開催する予定だそうです。

午後6時半~9時ですが、平日です。先着順200人で事前申し込み不要で直接会場まで行けば良いそうです。

問い合わせは、北沢総合支所街づくり課(03・5478・8031)へ。

北沢デザイン会議チラシ



「下北沢に住みます」はブログランキングに参加しています。世田谷区ブログランキングはこちらから見ることができます。↓↓↓


Advertisement
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Advertisement